に投稿

ドリル除去作業2。

お疲れ様ですこんばんは。

今日は寒暖差に翻弄された一日でした。
朝は涼しいと思って長袖で出かけましたが、お昼過ぎになると陽が強く差していて、想像以上に暑かったです。

夜はまた冷えるので困りものですね、、皆様体調をくずさないようお気を付けください。

本日もドリルの除去作業の続きとなります。

方法を変えまして、入れ込んでしまった超硬ドリルを削りことのできる、ダイヤモンドポイントで削っていきます。

最小のものが直径0.5mmのだったため、穴が広がってしまいますが、ドリルが出てきてくれないため仕方ありません。

無理に消費しないよう、こちらも慎重に削っていきました。

削り始めた状態です。

慎重に削りすぎていたようで、途中まではっきりとした違いがでていませんでしたが、徐々に中に入っているドリルの形が変わってきました。

現在の状態です。

穴の底にドリルの先端と思われる突起のようなものが見られます。

削り取り切れたらよかったのですが、まだまだ奥まで入りこむ必要がありそうです。

また明日削っていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

に投稿

ドリル除去作業。

お疲れ様ですこんばんは。
本日も雨が降ると身構えていたのですが、くもりのまま維持されていましたね。
それとも知らぬ間に降っていたのでしょうか?不安になってしまうような空模様でしたね。

本日は昨日折れこんでしまったドリルの除去するため作業をしておりました。
昨日、除去の方法について調べていただき、超硬ドリルの素材であるタングステンカーバイトを溶かしてくれそうな液体に浸して実験していました。

ぽこぽこと気泡が生まれています。
鉄丸棒も浸していましたが、あまり反応は見られなかったため、ありがたく超硬ドリルにだけ反応してくれるようです。

そして昨日、超硬ドリルが浸るよう穴の部分に液体を注入いただいてました。大変お手数おかけいたしました、、

本日の歯車です。
ドリルは入り込んだままの状態ですが、昨日よりもドリルの輪郭がはっきり見えるようになっていました。

こちらから超音波洗浄→浸し→超音波洗浄と行いましたが、ピンセットで挟んでも微動だにしませんでした。

どれだけ食い込んでしまっているのでしょうか、、

放置した状態で穴の部分にのみ浸せる方法が思いつかなかったため、ひとまず何もしていない状態でまた明日を迎えます。

引き続きよろしくお願いいたします。