に投稿

分解掃除~ネジ磨き1~


お疲れ様ですこんばんは~

5月最終週になりますね。

月初に連休があったおかげか今月はあっという間感がなく終わりそうです。

忙しいと時間があっという間にすぎてしまいますね。

本日からネジ磨きにはいります。

まずは大き目のネジから磨くので、一番受けを固定しているネジから磨いていきます。

磨き進めた状態ですが、まだキズがついてしまっています。

仕上げで磨いている最中なぜか新しいキズができてしまっている状態です。

ひとまず完了しました。

ネジが台につまづく(ネジの縁がひっかかる)ことが非常に多いので改善していきたいです。

今週もよろしくお願いいたします。

に投稿

分解掃除2。

お疲れ様ですこんばんは。

午前中の雨すごかったですね!少し打たれてしまいました。

窓を閉めてても雨音が強くて変なこわさがありましたね。

本日は内部機械の分解掃除の続きになります。

それぞれの歯車と、地板、受けをベンジンで下洗いいたしました。

油の汚れが多かったですが、きれいになりホゾの形が確認できるようになりました。

二番車

とても磨耗が進んでいます。
もともとこういった形なのかな?と思いますが通常くびれはなく、同じ太さが続くようです。

こんなにも削れていくものなんですね。

三番車

元々は先端の太さだったものが、摩耗により新しい形に変身しています。

こちらがホゾ穴になります。

汚れでわかりにくいですが、細くなったホゾが地板を削り、穴を別に作ろうと横に逸れてしまっています。

その部分を金属を打ち、これ以上広がらないよう阻止されています。どなたが行ったのか、、

結構早い段階からホゾの磨耗があったということでしょうか。

ガンギ車

こちらは根元がくびれています。

四番車に火を入れた形跡があったりと、修理された後がわかるとおもしろいです。

今回歯車のアガキが調整できないタイプのため、次にネジ磨きに進みます。

その前に使用する亜鉛台の表面を削ります。
以前、どのダイヤモンドペーストをどこに置いたのかわからなくなってしまいました。

また来週、受けのネジから磨いていきます。

よろしくお願いします。

に投稿

目打ち台削り。

お疲れ様ですこんばんは。

今日も暑かったですね!
冷房を入れるか入れないかの判断が難しいところです。
入れると寒かったりしてちょうどいいところがないんですよね。

本日は内部機械作業は一時お休みしまして、いただいた目打ち台をきれいに削っていました。

Before

After

一部尖っている箇所がありましたが、削ってたので引っかかりがなくなりました。

見違えたようにきれいになりました。これから使わせていただきます!

もうひとつ、作業中に部品などを置く台を用意しておりまして、合わせてきれいに削りました。

きちんと面取りも行っています。

今更ですが旋盤の切削が慣れてきたように思います。いまだにハンドルを回す方向が分からなくなる時はありますが、、

油断して何かとちったりしないように気をつけたいと思います。

明日は内部機械作業の続きになります。

よろしくお願いします。

に投稿

内部機械分解1。

お疲れ様です。

本日も19セイコーの機械分解を行っていきます。

改めまして、蓋開けの作業から行なっていきます。

裏蓋側と、ベゼル側の両面を開けていきます。

ケースから取り除くことができました。
続いて針を抜き、

横に付いているネジを緩めて、文字盤を外していきました。

足のついている二ヶ所がネジで固定されています。

続いてテンプ側の分解になります。
テンプからアンクルと、アガキを確認した後外していきます。

次に一番受けを外していきました。
ネジの長さを確認したたころ、一本が短かったです。

忘れずに確認しないといけませんね、、

分解していく中で分かったのですが、こちらはハック機能ありの時計でした。
四番車にピンが立っており、リューズを引くとそこに引っかかって止まる仕組みのようです。

残りの歯車を外して、今度は反対側の裏押さえ周りの部品を外していきました。

地板についている部品を外し終わったところで、テンプ受けを分解していきます。

横に付いている小さなネジを回して取り外します。

受けを固定しつつ横からドライバーを差し込むのですが、固定がうまくいかず何回か逃げられてしまいました。
スムーズにできるよう色々試していきたいです。

テンプを外したところで、今日は作業完了しました。

また明日よろしくお願いします。

に投稿

針抜きなど。

こんばんはお疲れ様です~

帰りに寄ったスーパーの和菓子コーナーで鮎が並んでまして、つい立ち止まってしまいました。
和菓子屋さん以外で見かけたことがなかったので物珍しかったです。
見逃していただけですかね、、

本日から、新しい時計の分解作業が始まりました。

19セイコーさんです。
ケースから出され、長短針が抜かれた状態です。

購入した剣抜き(針を抜く工具)を初めて使用していただきましたが、使いにくい形をしていたため、
現在加工していただいてます。

作業はまた明日からとなります。

少し空いた時間でドライバーと

バイトを削っておりました。

刃の部分が広く、切削物が削りにくかったため範囲を狭くしました。

試しに削ってみましたが、問題なく削れそうです。

空いた時間にまた細かい砥石で磨いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

に投稿

トリポッドアタッチメント製作。

お疲れ様ですこんばんは。

先週から制作していたヒゲ玉調整棒が完成しました。

先端部が尖りすぎてきたので、少し削っています。
ようやく出来てよかったです。

次も引き続き工具製作になりまして、
トリポッドにつけて使う部品の製作に取り掛かりました。

緩急針やコハゼを磨く時に使用していたこちらの丸い部品です。

真鍮棒から削り出して作っていきます。

まずはトリポッドの穴に取り付けられるよう、2cmから1cm近くまで細く削りました。

端面も切削してきれいになってます。

裏側も整えました。

形の出来たところで、部品のピンなどを逃がす穴を開けていきます。

完成しました。

面取りができていなかったので、この後エッジの部分を改めて削っています。

0.5mmの穴開けでドリルがずれてしまい、違うところが微妙にえぐれてしまいました。
ガイドはつけていたのですが、、ドリルが定まらず、、

無事トリポッドに取り付けられました。
これでいつでもパーツが削れるようになりました。

工具製作を終えまして、また明日は違う作業をしていきます。
よろしくお願いします。

に投稿

ヒゲ玉調整棒製作7。

お疲れ様です。

最近、蓋つきのカフェオレで美味しいものがないか探しています。

ボスの缶のカフェオレが好きなのですが、ペットボトルでは出ていないのでしょうか。

今はワンダの極みカフェオレに落ち着いてますが、なにかないかまた探してみたいと思います、、

本日も表題通りでして、持ち手部分の作成をしていました。

テーパーに削り終わったところです。

昨日10°くらいの角度をつけて削っていましまが、最終的に7°くらいに調整して削りました。
そんなに違いはないですが、、

続いて滑り止めにローレット加工をしていきます。

まず練習で加工していましたが、なかなかうまくいかず。
素材が真鍮のせいなのか、太さの問題なのか、うまく凹凸が出来てくれませんでした。

こちらが本番で加工したものです。

結構力を掛けてしまったこともあってちょっと荒々しさがありますが、なんとか形にできました。

ローレットで想像以上に時間がかかってしまったので、本体はまた来週つけていく予定です。

よろしくお願いします。

に投稿

ヒゲ玉調整棒製作6。

お疲れ様ですこんばんは~

いい天気でしたね。洗濯物が干せてありがたいです。
土日がまた雨予報に変わってしまってたのですが、
ちょうど夜だけ降ってくれないでしょうか、、無理でしょうか、、

本日も引き続きヒゲ玉調整棒製作ですが、本体の磨きが完了しまして、持ち手の製作に入りました。

側面で一部磨けていない箇所があったので、改めて磨き直して綺麗にしました。
面が狭いとすぐに磨き終わるので、やり直しがしやすくて助かります。

持ち手は真鍮で作成することにしました。

真鍮棒に、本体を入れるための穴を開けていきます。

センタードリルであとをつけ

ドリルで穴を開けていきます。

が、

途中でドリルが折れてしまいました。

時間が巻き戻らないか少し考えました。

結構深くまで削ったところで折ってしまいまして、ドリルを早く進めすぎたと思われます。
真鍮だったので油断もあったのでしょう。

反省して再度別のドリルで削っていきました。

だいぶ慎重に進めたおかげであることなく無事開けられました。

本体の棒も無事入りましたので、使いやすくなるようテーパーをつけていきます。

まだ削り途中なので、明日引き続き削っていきます。

よろしくお願いします。

に投稿

ヒゲ玉調整棒製作5。

お疲れ様ですこんばんは~

今日は過ごしやすいお天気でしたね。明日も晴れるようで何よりです。

本日も引き続きヒゲ玉調整棒を削ってまいります。

裏表の磨きと、幅が少し広かったため側面の削りも行いました。

側面などを削っているうちに一度面が荒れてしまい、再度きれいに磨き直していました。

昨日と同じようにダイヤモンドフィルムで磨いていたのですが、縦筋が入るようになりました。
磨く場所が悪かったのでしょうか、、
根本の部分は取り切れていない状態です。

調整で当たるのは先端部分になるので、ひとまずこのままの状態で側面の磨きをしています。

少し磨けてないところがありますが、大方面を光らせることができました。

面が磨き終えたら持ち手の作成に移ります。

よろしくお願いします。

に投稿

ヒゲ玉調整棒製作4。

お疲れ様ですこんばんは。

今日はくもり予報だったので雨は降らないと思っていました。

お昼の外に出るタイミングでちょうど降っていまして、少ないパーセンテージに当たって良いのか悪いのか、どっちなんでしょうか。

本日も磨き作業を行っていました。

どんどん細かい目のフィルムに変えていき、深いキズを落としていきました。

早く次に進もうと、すぐに細かい目のフィルムに移ってしまうとなかなかキズが消えず、長時間戦うことになるので注意が必要です。

何回かやってしまっていますが、本日はスムーズに進んだ方かと思います。

まだ細かいキズが残っているものの、だいぶ綺麗になって光るようになりました。

最後の方はダイヤモンドペーストをつけて磨いています。

明日改めて様子を見てもう少し磨こうか考えたいと思います、、

よろしくお願いします。